【旅日記】Live the life I love :)*゜

にほん、せかいを旅する記録✏

夢の山陽旅行【後編】

山陽旅行の後半戦になります。


後半は、広島市内・宮島・岩国(山口県)を巡ります。


尾道から山陽本線に乗って辿り着いた広島駅。
久々の都会にテンションがあがるも、気分は生憎の雨模様☔
ホテルに荷物を置いたあとは早速広島市内の観光を開始。


広電という路面電車に乗って、まずは原爆ドームを訪れました。そのまま、
爆心地、赤い鳥の石碑、原爆の子の像、日本中から届いた折鶴の作品、原爆死没者慰霊碑、平和記念資料館を相次いで訪れました。






慰霊碑は、よく式典などで見る場所ですね。石碑には『安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから』の文字。


原爆ドームから平和記念資料館まで、全部通算して3時間弱くらいいたのかな。
まず驚いたことは、外国人観光客の多さ。
うーん、私はアリゾナ記念館やアウシュビッツに行く日はいつか来るんだろうか、とか、あまりにも多い外国人客を見て色々考えてしまった。外国の負の遺産って外国人にとってどんなものなんだろう。


そして平和記念資料館館内はとても混み合っていました。これは人が多いだけじゃなくて、ひとりひとりが展示パネルを丁寧に読んでいるということ。


私は普段美術館や博物館を訪れることがまず少ないし、行ったところで展示や説明文をじっくり読むような人ではないので、
今回は人生で初めてこんなにパネルをしっかり読んだんじゃないかと。


戦争が始まった背景から、原爆が落とされた意味、その後の一般人がどんなに苦しんだのかなど。
あまり歴史に詳しくない人でもわかるような手短にまとまった文章で書かれてるからこそ、みんなちゃんと読むんだなあ。もちろん英語表記もありました。


当時の子どもたちの戦時中の日記や、被爆時に来ていた学生服、残された遺族の手記などもあって胸が詰まりそうでした。
写真撮影は可とのことだったけど、とても撮るような気にはなれなかったので1枚も無し。


さて、気分を変えて、食いしん坊の話に戻りますと、
夜ご飯は広島港の近くにある『牡蠣小屋』というお店で焼き牡蠣を頂きました!
ここのスタイルは、BBQのような形で、食材を買って自分で焼くスタイル!! 



牡蠣1箱(12個入)1000円!!
に加えて、牛・豚・野菜・きのこ・焼きおにぎり・じゃがバターなどなどなど!を揃えて早速調理開始✨✨✨
牡蠣は裏表3分ずつ焼いたあとに、蓋をはずしてさらにぐつぐつ💓💓
醤油や塩など色々試したけど、やっぱ塩レモンがいちばん美味しいかな😊😊😊
あまりにも楽しかったので、ハイボール2杯でいい感じに酔っ払っておりましたん♪


次の日は広島から少し離れた観光地へ!
まずは山陽本線をさらに西へ1時間走って広島を抜け、山口県の端っこにある岩国というエリアへ。
ここには錦帯橋という、日本3名鏡に数えられる橋があるのでその観光へ♪



写真の通り、5連に渡るアーチ状の形が見事なのです😊
お天気も良くて何よりでした!
橋を渡るには300円の通行料が必要とのこと。中々高いな……でも維持費のためのお金とのこと、仕方ない〜。
川を渡った向こうには剣士 佐々木小次郎の像があり、そっか山口だな〜という感じ。
そこから岩国城へ続くロープーウェイもあったけど、時間の都合で岩国城は無し。


最後の観光地は宮島。
山陽本線で少し東に戻って、宮島口からフェリーで10分。海の上に浮かぶ大鳥居が、フェリーの上からもよく見えました😊✨


お昼ご飯は、噂の『まめだぬき』
数日前に宮島に来ていた後輩がTwitterに載せてて美味しそうだつだからそこでいっかっていう、安易な店選び笑
穴子ってお寿司以外であんま食べないけど美味しかった〜!!


そのあとは大鳥居を鑑賞して、本殿を参拝して、御朱印を頂いて、五重塔や千畳閣を見学。





"大鳥居と鹿と私"の3ショットを撮りたかったのに、鹿にそっぽ向かれて失敗。
それでも鹿の親子の仲睦まじい姿は撮れたので満足💓


夕方には広島に戻って広島風お好み焼きのお店へ✨
『麗ちゃん』というお店を目指していたはずが、疲れからか私が180℃逆に地図を読み間違えたせいで出口を完全に間違え、辿り着いた先には『みっちゃん』
広島が地元の先輩曰く「ここは並ぶよ」とのことだったのに時間が早めなこともあってか待ち時間は10分だったのでここに決めました。


オレンジジュースの"バヤリース"という名称が思い出せず、"アリエールとかハイエースっぽいやつ"とかしか言えないあたり、旅行最終日となるとただでさえ空っぽの脳みそがさらにクルクルパーになることが発覚◎


お好み焼き大変美味しかったけど、私はやっぱり大阪風の人間だなと思ってしまいました、すみません!


帰りの新幹線は4時間あったにも関わらずふたりともひたすら爆睡。疲れてたんだね〜。
最後に新横浜の駅で、一緒に行った後輩ちゃんから「誘ってくれたお礼です」と何故か広島のお土産を頂いてしまいました。


なんてよく出来た子なんでしょ……。本当にありがとうございます🙇🙇🙇


これにて春休みに予定していた卒業旅行は全て終了です。
先週買ってしまった青春18切符があるからまだまだひとりでふらっと電車旅行は行くかもだけど、とりあえず一段落◎


学生最後の楽しい思い出を、ありがとうございました!!!!

夢の山陽旅行【前編】

山陽旅行に行ってきました。
今回はその前編、【倉敷】と【尾道】です。


今回のアクセス手段は、なんと夢の寝台列車!『サンライズ出雲』
最後尾の車両に乗り込もうとして間違えて車掌室に侵入しかけるミスを犯しつつ、
横浜駅を22:24に発車する便に無事乗車。



お部屋は1階のシングルルームです。
乗り込んでからも写真撮ったりお喋りしたりひとりで興奮したり、寝付けたのは深夜2時近く。
それでも翌日は6時にはちゃんと起床😎
それも、岡山駅でのサンライズ出雲と瀬戸の切り離しを見るため!
中々の数の鉄オタや一般人が集まって切り離しを写真におさめていました。


06:46に到着した倉敷が、今回の旅の最初の目的地。
この土地の金持ちであった大原家や大橋家の旧住宅など美観地区の建物を楽しんだり、
昔の玩具を揃えたお店を見学したり、
倉敷名物?ラムネとブルーベリーで作った青いプリンを食べたり、
倉敷が発祥の地だというマスキングテープを購入したり、
倉敷川を手漕き舟でくだったりしました。



面白かったのは桃太郎博物館(入館600円)。
桃太郎に関する展示物が楽しめるだけでなく、小さなトリックアートみたいな感じで体験出来て楽しかった😊


◆ここで桃太郎豆知識◆
・昔話で桃太郎が産まれた経緯。オリジナルのお話では、美味しい桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんが子作りに励んで生まれたのが桃太郎だという説も。
むしろこっちの方が主流だったけど、子どもに読み聞かせるには生々しいので、桃から生まれたことになったとか…。


・昔の紙芝居で、鬼ヶ島の鬼は金髪だった。これは戦時中に作られたもので、鬼はアメリカ人を指していたという説も。


などなど、解説のおじいちゃんがひとつひとつ分かりやすく説明してくれました。


お昼は倉敷らーめん『升家』。煮干し出汁で美味◎
餃子とライスもついて980円!


続いて山陽本線でさらに西へ向かって尾道へ。お天気が心配だけどなんとか頑張っています晴れ女!


着いたら宿に荷物を預けてしまなみサイクリングへ!
私達は尾道本土から隣の向島までも全部チャリ移動かと思って無駄に漕いでしまったんだけど、最初の向島まではフェリー移動が主流だそう笑


しまなみ海道のルートは
【尾道ー向島ー因島ー生口島ー大三島ー伯方島ー大島ー今治】
だけど、今回は尾道の到着が遅かったこと、ルート間違えて無駄に時間食ったこと、天気、気温などの要素もあって向島と因島の2つだけ。
いつかリベンジしてみたいけど、これ暑い季節とか寒い季節は絶対無理。
因島には村上水軍(海賊)の城跡、生口島には耕三寺という日光東照宮の陽明門によく似た寺があるそうなので、次の目標はそこで。


そうそう、最後生口島で尾道行きのフェリーを待っている間、同じくサイクリング中のフランス人の男性とお喋りしました。
ちょうど私が先月フランスに行ったこと、今回の山陽旅行で似たようなコースをたどっていることで意気投合😊
旅行は現地の人とお話するのも楽しいし、同じ旅人とお話するのも楽しいね✨
最後一緒に写真撮っておわかれ。向こうは動画を撮ってたんだけど、フランス語で「日本で知り合った○○ちゃんだよ!」みたいなことを言っているようで嬉しかった😊


この日の夕飯は海鮮を食べたかったので、海沿いの個人居酒屋『花あかり』
お通しも含めて、運ばれてくる料理が全部可愛い!そして美味しい!!!!
魚へんクイズで買った人から好きな寿司を選ぶルールを作ったので、お互い「魪/鰈(かれい)」とか「鯏/蜊(あさり)」とか勉強になりました◎
日本酒も梅酒も美味しかったです。


尾道に行く人がいたらぜひ訪れてほしい、もう一度言います、『花あかり』ってお店です♡♡♡♡


翌日は千光寺山へハイキング♪
ロープーウェイで山頂まで登って眺めを楽しんだあとは、文学のこみちをくだってきました。
文学のこみちにはたくさんの有名な俳句や小説の一部分があって、有名な人だと正岡子規や志賀直哉、そして尾道出身の林芙美子など。




文学のこみちを抜けたあとは、志賀直哉が執筆をしたという旧居、中村憲吉という文豪が最期を迎えた旧居、また尾道にゆかりのある文豪の作品や遺品を展示した文学記念館によりました。
文学記念館のおじいちゃんは、80を超えているようにお見受けしたけど、とっても丁寧に説明してくれました。


一通り見学が終わったら、文学記念館のすぐ近くにある『昇福亭』というお店ではっさく大福を購入✨


オレンジピールみたいな感じで中にはっさくの果汁入ってるのかな??と思ったら、いちご大福みたいに中にまるごと入ってるー!!!!
白あんとこしあんの2つ試したけど、どちらもとっても美味しかった!


そして尾道らーめんは『つたふじ』というお店へ。地元のおじさんとおばさんが2人で頑張っています!って感じのお店でした。
次は『朱華園』ってお店行ってみたいなぁ。すごい行列できてました。


これから再び山陽本線に乗って広島へ移動。広島、宮島、岩国の思い出はまた後半戦で。

卒業旅行in初めてのヨーロッパ♪【後編】

ヨーロッパ旅行後半戦はパリ!

ロンドンの聖パンクラス駅からユーロスターに乗って2時間半、パリの北駅に到着しました!

それにしても国境を超える海底トンネルってロマンありすぎじゃない?!♥♥



到着日は人気のらーめん屋さん「なりたけ」へ。笑

ニンニク効いてて美味しかった〜!なお、池袋にもあるらしいです笑


★1日目★


この日はオプショナルツアーを申し込んで、いちにちモンサンミシェルへ!


パリからモンサンミシェルは、片道4時間半くらいかかる距離。

長旅だったけど、自力で行ける距離ではないのでツアー(みゅうという旅行会社の日本語添乗員さん!✨)に参加出来てよかった!



この日は本当に濃い霧で、桟橋を渡りきっても修道院の全体像が見えないほど。添乗員さん曰く、ここまて濃い霧はとても珍しいとのことでした。

海の方が見渡せないのはショックだったけど、霧につつまれた修道院は幻想的でした。

モンサンミッシェルの定番角度のような全体像の写真は霧のせいで撮れなかったので、一部分。



お昼はレストランでフランス料理。

私は魚介スープと、ムール貝の白ワイン和え。

お相手は野菜スープと、ラム肉のステーキ。


そしてふたりともCIDRE(シードル)というりんごのスパークリングワインを飲みました。はい、機内に続いて2度目のフランスワイン。

お昼からふたり併せて60€も使って贅沢!笑


この辺から、店員さんに「メルシィ」っていうのも慣れてきました😊



モンサンミシェルの感想は、荘厳!に尽きる!

ボキャ貧なのであまりそれ以上は語れませんが、

太い柱、晴れてる日は見渡しが良いんだろうなという広い展望広場、響きの良い大聖堂、ヨーロッパらしい石の螺旋階段…

などなど満足で写真も撮りまくりでした♪



★2日目★

ロンドンと同じく、まずは行ったところを順番に列挙します。


・モンマルトルの丘

・サクレクール寺院

・エッフェル塔

・エトワール凱旋門

・シャンゼリゼ通り

・コンコルド広場

・チュルリー庭園

・ルーブル美術館(入ってはない)

・ノートルダム大聖堂


※セーヌ川でディナークルーズを申し込んでいたのに、増水によりクルーズ中止になってしまったのはとても残念😭!


・エッフェル塔

東京タワーのようにカラフルなわけじゃないから、ほんと鉄骨って感じ!近くからみても威厳があるし遠くからも見えて、パリの象徴といった感じでした。


・エトワール凱旋門

エッフェル塔に続いてこれもパリの象徴!凱旋門まわりは全て車道のロータリーなので広場へは地下から。これ作ったの凄いなぁ。


私凱旋門ってパリのここしかないと思ってたんだけど、戦いに勝利した記念で造った門を凱旋門と言うのであって、この有名なこれはエトワール凱旋門ってものなんですね。

ナポレオンが建造を命じたけど完成したのは彼の死後…ってとこまでは知ってたけど、このエトワール凱旋門は数々の戦争で祖国フランスのために命を落とした人のための共通の記念碑ということだそうです。


・コンコルド広場

凱旋門からシャンゼリゼ通りを通り過ぎた先にある小さな広場。

マリー・アントワネットやルイ16世などなど、たくさんの人が処刑された場所。

真ん中に見えるのがエジプトから寄贈されたというオベリスク、右のシャンゼリゼ通りの奥にちーーーさく見えるのがエトワール凱旋門、左奥に小さくエッフェル塔。


・ルーブル美術館の入り口

バカ広いから中は入らないです笑、大英博物館で飽きたような人間なので…。

友達曰く、ルーブル美術館よりオルセー美術館の方が有名な作品が多くて楽しいと言ってた。


・ノートルダム大聖堂

これが建つシテ島はセーヌ川の中洲に浮かぶ小島。パリ発祥の地とも言われています。

それにしてもどこにもかしこにも警官(しかもみんな銃持ってる…)だらけ。やっぱり治安悪いんだなぁ…。


そういや、旅行会社さんからパリの地下鉄が書かれたクリアファイルを頂きました。こういうの大好き。

でも駅名全部フランス語でどこがどこだかわからなくなりそうなので、訪れた観光地や美味しかったレストランを書き込んでおきました♪





★途中食べたおやつ、夕飯

・Smith's Bakeryのパン

(サーモンとクリームチーズのサンド絶品でした!)



・ピエールエルメのマカロン

(マカロンとクランベリーで出来たイスバハン、なんと絶品!インスタ映え感もやばい♥♥)


上記2つはどちらもセーヌ川の南側!



・Hugoのフランス料理

(照明暗かったので写真は無し。)

野菜スープ、アヒージョ甘くした的な何か、Duckのお肉、どれも絶品でした。

言うまでもなくここでも飲みます白ワイン♪フルーティーでめちゃくちゃ美味しかったの😲😲


ホテルの朝食も含めて、フランスはやっぱりご飯が美味しい!

うーん、日本でもっと頻繁にフランス料理に触れたいなあ。


でもやっぱり今まで行った数カ国と比べても治安は中々に悪かった。

ホテルの前の道もタバコの吸い殻ばかり。スリやひったくりも多いし、ガラの悪い若者や金をせびるホームレスもいたし、今回は男性と一緒だったから良かったけど、夜7時を過ぎたら女ひとりで歩くにはちょっと怖いかなあ。


あとサクレクール寺院の前にいる黒人集団にミサンガ強引に買わされて、断ったのにむりやり腕に巻かれて€25取られた。

指輪も取られそうになったけどなんとかセーフ。友達に事前に警告されてたのに悔しい。行く人は話しかけられてもガン無視してください。


今まで海外に行ったことは8回くらい?あるんですが、フランスは7年前に韓国行ったぶりの英語圏じゃない国。

言葉の心配が少しあったけど、優しい人や英語の上手な人ばかりでほとんど不自由なく暮らせました。

公衆トイレの使い方がわからずオドオドしてたときに親切に教えてくれた若いお兄さんはじめ、旅で出会った親切な皆様に本当に感謝です。

Merci Beaucuop!