【旅日記】Live the life I love :)*゜

にほん、せかいを旅する記録✏

名古屋じゃない愛知を巡るバスツアー♪

母親と一緒にクラブツーリズムの添乗員付ツアーに参加してきました!!


今回の目的は香嵐渓の紅葉、

それに加えて岡崎や犬山の観光地を巡るという、

名古屋に目もくれない愛知満喫ツアーです😁😁


東京から新幹線こだま号に乗り、まずは静岡へ。

最初の目的地は駿府城公園。


徳川家康がお手植したミカンの木や、鷹匠家康の銅像を見ました。



それから園内にある庭園を鑑賞していると、結婚式の前撮りと思われる新婚さんが😲😲♡

とってもお綺麗でした。



静岡県庁の19階に登り、展望台からの景色も堪能😊

もちろん北には富士山🗻

普段都庁を見慣れていると小さく感じますが、静岡を見渡すには十分でした!



2番目の目的地は愛知県の鳳来寺山。

こんなん電車で来れないし、バスツアーで連れてきてもらわないと絶対に来ない場所!

お天気も良くて絶景でした。

個人できままにまわるフリープランが好きだけど、やっぱりたまにはバスツアーもいいなあ!



その日はそのまま岡崎市内にあるホテルへ。

安めのツアーのため、2人で参加したけどシングルルーム×2部屋(笑)

そんなことは全然かまわないけど、12月につるの剛士さんがリサイタルを行うというチラシがあって、、、その日に泊まりたかった〜!!🤣🤣🤣



お夕飯は和食のコース料理でとっても美味しかった😲😲♥

他の参加者の方とも相席だったので色々お話できてよかった!


大浴場からはライトアップされた岡崎城が見えました。

夕飯後に、岡崎城まで歩いてみたときの写真がこちら。フラッシュがうまくたけなくて四苦八苦😅😅

写真下手すぎて心霊写真みたい、、、



2日目は出発時間が7:20のため、朝ごはんはまさかの6:30から!

朝早くて大変だけど、せっかくのバイキングなのでがっつり食べましたとさ。


他の参加者は高齢のご夫婦が多いんだけど、大体おばあちゃんの方ががっついて食べてて、おじいちゃんの方は待ってらんないって感じで先に部屋に戻ってる夫婦が多くて面白かった笑笑

それにしても、こんなに歳を重ねても、好きな人と一緒に旅行出来るって素敵だなぁと改めて感じました。


私も旅行好きな人と結婚して家族旅行とかいっぱい行きたい。

ご当地地酒とかも楽しみたいからお酒も好きな人と結婚したい。

好き勝手旅行行ける独身生活は楽しいけど、結婚生活っていいなぁって思わされる2日間のツアーでした😹笑


話が脱線。

2日目の目的地は、今回の旅行のメインでもある香嵐渓!!!!

愛知県の北西部に位置する紅葉の名所です。

飯盛山のハイキング、香積寺のお参り、などなど、どこに行ってもまさに見頃の紅葉達!!!



真っ赤な葉っぱも好きだけど、私は緑から赤に色づき始めるグラデーションがいちばん好きです。

紅葉の影からひょっこりはん♪して遊んだり、写真映えしかしないスポットでした。



3時間のたっぷり滞在を終えて次なる目的地は愛知県西部の犬山城🏯


松江城、姫路城、彦根城、松本城と並び、天守閣が日本の国宝5城に設定されている立派なお城です。

つい2ヶ月前は松江城を訪れたので、私にとっては2つ目の国宝のお城。

きのうの岡崎城と比べてみても、流石犬山城は国宝という名に恥じない立派なお城でした。



まず階段が一段一段高くて、登るのに一苦労、下るのは恐怖(笑)

そんなところも昔ながらの雰囲気を感じられて、エレベーターがついてる名古屋城とは大違い〜🤸🤸



お城の南側には眼科に広がる犬山の街並み、そして北側には木曽川という県境を挟んですぐ向こうには岐阜県でした。

うん、犬山、大変気に入りました!♥



お次は犬山城から車で10分程のところにある寂光院というところ。

ここは参拝堂と展望台が階段を420段も登った先にございますΣ(゚Д゚)

6人定員という小さいケーブルカーもあったけど、高齢の方の多いツアーで私なんぞが乗るわけにも行かずえっちらおっちら登ります!

…といってもひとつひとつの段差が小さいので5分ちょっとで山頂へ。


420段の中でも、「良縁を祈って○段」「次は健康を祈って○段」とかテーマを与えてくれるので飽きません(笑)



山頂の展望台からは犬山城も見えたし、はるか彼方には高層ビルが。さては名古屋だなー!!🤩



そして最後の目的地は岐阜県多治見市にある虎渓山の永保寺。

今までさんざん紅葉を見てきたけど、ここでは色づいたイチョウの木を鑑賞。


きのうの駿府城公園に続いてここでも結婚式の前撮りが!珍しいな〜と思って見てたけど、この日はまさにいい夫婦の日(11/22)だったからなのかな!♥


こちらも大変お綺麗でした、おめでとうございます♡


帰りは豊橋からの新幹線こだま号、

自由時間は25分くらいしかなかったけどその短い時間でラーメンを食べることに成功🤯🤯🤯

帰る前に腹ごしらえできて一安心でした🧚



やっぱりクラブツーリズムは高齢の方が多いため、私みたいな若いのがいるとそれだけで可愛がって頂きありがたい。

同じところに行きたいと思ったお仲間さんと楽しくお話が出来るのは嬉しいな♪

バスツアーは離れた観光地や電車で行きにくい観光地をたくさん巡ってくれるので、とっても便利でまた参加したいです😊


ありがとうございました〜!

紅葉の上高地、奥飛騨のロープーウェイ

1泊2日はとバスツアーに

行ってまいりました(^o^)(^o^)


今回の目的地は奥飛騨・上高地。

色んな会社のツアーや個人パッケージを比べてみたけど、

やっぱりアクセスの難しい上高地。全部バスで連れてってくれるはとバスが最強でした。

シートおしゃれ。


東京から走ること4時間、

最初の立ち寄りスポットは

安曇野手前にある大王わさび農園。



わさびの栽培の様子を見たり、わさびを使った安曇野そばなどを頂きました。



2つ目の目的地は私が大好きワイナリー。

安曇野ワイナリーは出来て10年の新しいワイナリー。


白の甘口・辛口、赤の甘口・辛口、シードル・飲むヨーグルトを試飲させて頂き

白の辛口(ナイアガラ)を購入致しました。


そこから走ること1時間、

途中道はかなり山道でトンネルの中での分かれ道、大型バスが通るには細い山道などもあって難しそう。


途中のトンネルで私達の乗ってる大型バスと、地元の大型トラックがすれ違うことに。

お互いのサイドミラーがぶつかりそうになり、運転手さん同士がコミュニケーションを取り合ってバックしたり譲り合ったり

そうこうすること10分ほど!!


ようやくすれ違いに成功して車内のお客さんからは拍手があがりました👏👏

バスツアーのこういうとこいいよね!笑



白骨温泉を通り過ぎて、ついにお宿「ホテル日高」に到着。

宿に荷物を置いて、すぐ隣にある日高ロープーウェイの最終便へ。


奥日高にはいくつか宿はあるけど、こんな日高ロープーウェイ目の前の宿はここだけでした。

紅葉も色づき初めてていい感じ。


山頂は霧が多く地上を見下ろすことは出来なかったけど、

雲海が広がっていて幻想的な光景でした。



宿へ戻ってお夕飯の前に温泉へ。

ホテル日高の温泉は熱すぎることもなくちょうどよくて本当に気持ちよかった!

低血圧な私でもずっと浸かってられる。


そして置いてあったシャンプーリンスが最高でした。

ひとつは馬油だったけどもうひとつは…ブランド控えてくればよかったと後悔。あのシャンプー欲しい。



お夕飯はこちら。贅沢〜!!!

ぜーんぶ美味しかったけど、中でも飛騨牛の陶板焼とお蕎麦が涙が出るほどに美味しかった。はぁ、永遠に食事してたい。



部屋に戻ってクイズミラクル9を見てると眠くなってきて、まさかの21時就寝。

そのまま翌朝6時まで起きず、なんと9時間睡眠。至福かよ😲😲


起きてすぐ朝風呂に向かい、目の前の山脈を眺めながらの露天風呂。

お天気も良くて最高でした。


朝ごはんも美味しかったな。特に鮭の塩加減が絶妙でした。


日高(岐阜県)からバスで約40分ほど移動すると、そこはもうすぐ上高地(長野)


ゴミ箱もなし、公衆トイレも有料、マイカーも立ち入り禁止と制限だらけで自然を守っている環境は流石の綺麗さでした。



絶景。



大正池でバスを降り、そこから田代池、田代橋、河童橋へと進んで行きました。

もうどこを歩いても綺麗な空気、青い空、澄んだ水…褒める所しか見当たらない。


さらに1時間歩いて明神池の方に行く選択肢もあったけど、それはしないでゆっくりお昼を食べることに。

お昼の場所は…せっかく来たので上高地帝国ホテルのレストラン!!


帝国ホテルのランチなんて、一生に何度食べることがあるんでしょうね…。

オムライス1つが3000円弱するんだけども、めちゃくちゃ美味しくて7分くらいで食べ終わってしまいましたとさ。



空気の綺麗な上高地(なお花粉は飛んでる)

ずっといたかったけど4時間の散策時間もあっという間に終わってしまい東京へ。


いつもの個人弾丸旅にくらべてゆったり出来た、良いご旅行でした。

滞在32時間、山陰5都市弾丸旅行!

山陰旅行(島根・鳥取)に行ってきました!(^o^)


2連休しか休みが取れないので、

仕事が終わってそのまま東京駅に向かい

寝台列車「サンライズ出雲」に飛び乗って出雲市へ!



本当に時間なかったから車内のシャワー室(320円/お湯が出るのは6分間)を使わせてもらいました。

当然鍵はかかるけど、動いてる車内で真っ裸になるの違和感しかない!(笑)


部屋は前回の広島旅行と同じシングルルーム。

前回は初めてだったこともあって

静岡終わるあたりまではしゃいでたけど、

今回は仕事の疲れもあって熱海を過ぎたあたりで早くも就寝(笑)

途中何度か起きたけど、結局翌日9時過ぎまで寝てまして、起きた頃には宍道湖が見えました😅😅😅


途中何かのトラブルがあったみたいで

1時間の遅延を経て出雲市についたのは11時。

そこから早速大社へ向かいました。


尚、駅から大社は

一畑バスなら520円(30分に1本)、

一畑電車なら490円(60分に1本)。

バスなら正門の目の前まで連れてってくれます。



・神楽殿。有名なしめ縄

 御朱印も書いて頂きました。



・縁結びの御神。思ってたよりいかつい。



・因幡の白うさぎで、白うさぎを助けるシーン。大黒様って書いてあるけど、オオクニヌシじゃなかったっけ??



お昼は出雲の郷土料理、割子そばを頂きました。


割子そばの起源は昔の人が弁当に持ち運びやすいようにってことらしいけど、

弁当にそばって、、、のびるよね???


今回は割子そばの3色バージョン(とろろ、温玉、たぬき)にしまして1050縁(円ではない!)。



出雲は大社のみを観光し、早速松江へ移動。

なんせ2日で5都市だから普通に時間ない笑


出雲〜松江間は特急で30分、在来線で1時間。

ここの課金はケチって在来線にて移動。


車内から宍道湖を拝むため、

ちゃんと進行方向左側の席を確保しましたよん!


松江駅についたらわずか2分の乗り換えで市営バスに飛び乗り、八重垣神社へ。


八重垣神社は、オオクニヌシの伝説の残る有名な縁結びの神社です。


ここの目玉と言えば、池におみくじを浮かべて婚期を占う鏡の池。


私の運勢はこちら…。



最初はずっと見てたのですが、ちょっと目を離したすきに紙がいなくなってしまい、

無事に沈んだのか遠くに流れてしまったのか…(バカ)


池を探したけど浮いてないようだったので

とりあえず前者と受け止めることにし、

【近場で沈んだ=身近な人】と

【15分以内に沈んだ=婚期は早め】に

と受け止めました。


お参りもしてきました、

お賽銭はもちろん15円。十分御縁がありますように。


松江駅に戻るとちょうどトータルテンボスがロケをやってるのを横目に、

松江ぐるりんバスに乗って松江城へ。


松江にお城があることすら知らなかったし、誰が治めてたのかすら知らないまま来たけどめっちゃよかった松江城!

別名は千鳥城というそうな、それだけ知ってる!笑


ちゃんと昔ながらの建築に、しっかりとした石垣とお堀。

なんか近代の建築で建て替えられてしまったお城とは違って趣が良くて大変良かったです😲😲😲


うちのお母さんイチオシの松江だったけど、

お母さんの言うとおり街並みの雰囲気が素晴らしかったです。


今度来たときは宍道湖の遊覧をしたいな。

あと、今回は生憎の曇り空だったので次は宍道湖の夕日が見たいです。


翌日は5:30に起きて宍道湖まわりをサイクリング♪

出発前の時間を有効に使えて大満足😊

松江の心残りはしじみ汁を飲むタイミングがなかったことくらい。


朝7時半に宿を出発し、

そこから山陰線と境線を使って、

米子経由で境港にある水木しげる博物館へ。


米子空港の別名が米子鬼太郎空港なことは存じておりましたが、

境線の全駅に鬼太郎にちなんだ別称があるとは初知り!笑


美術館最寄りの境港駅は"鬼太郎駅"、

米子駅は"鼠男駅"という具合に、全駅別称があり、ご丁寧に車内アナウンスが全部放送してくれました(笑)

車内アナウンスしてたのも鬼太郎と目玉おやじ、猫むすめでした!凝ってるぅ!😲


電車も鬼太郎のデザインにラッピングされてて、私が乗ったのは

行きは目玉おやじ電車、帰りは鬼太郎電車。

路線はもちろん単線でした笑


境港では、わずか1時間の滞在ながら

水木しげるロード、ゲゲゲの妖怪学園、水木しげる博物館と満喫できました◎

尚移動中は時間ないので走り回っております笑、ちょっと涼しくなってきてよかった(笑)


ゲゲゲの鬼太郎自体はOPテーマくらいしか知らないけど、ゲゲゲの女房は普段朝ドラ見ない私もはまったから、

今回は博物館にこれてよかった!😊


作品展。

その他生い立ちのパネルなども盛り沢山。


急いで見たので30分くらいしかいなかったけど、1時間くらいかけてじっくり見たかったな。

ゲゲゲの女房や劇場版(実写版)ゲゲゲの鬼太郎出演の俳優さん達のサインもありました。



水木しげる先生の原画もあったけど、こちらは撮影禁止。

ところで水木しげる先生、ぱっと見ひふみんじゃないですか?私だけ?笑


ゲゲゲの妖怪学園に売ってた鬼太郎ラテアートも気になった。


もっといたかったけど、米子まで帰る電車が1時間に1本しかないので、

後ろのスケジュールを考慮して撤収。



米子から山陰本線に乗って次なる目的地の由良駅へ(倉吉のちょっと手前駅)。

日本海が見たくてこちらも進行方向左側の席座をGET!


由良は、青山剛昌先生の出身地。

青山剛昌ふるさと館という、名探偵コナンの博物館があるのです!

コナン全巻買ってる身としては、鳥取に来たら行くしかない😲😲😲💓


ちなみにいちばん好きなのは赤井さん、次は平次くんと哀ちゃんです(*´ω`*) 


由良駅に降り立つやいなやコナンのメインテーマ"君がいれば"のBGM😍

テンションあがりまくる!!!!



ふるさと館までは徒歩20分ほどになりますが、

その手前に米花町があり、そこには喫茶ポアロが★



コナンバーガーセット1200円はぼったくりやろー(涙)と思いつつ、

せっかく来たから買っちゃうよね…涙


その他道中にはコナンや新一・蘭・少年探偵団のオブジェ、

コミックスの表紙のイラストなどなど

至るところにコナンのキャラクターが飾られておりました!

20分歩く間全く飽きなくて楽しいね!😊😊



ふるさと館は、コナン好きにはたまらないほど楽しいです!

(もちろんYAIBAやまじっく快斗など他の作品も多少ありますがやっぱりコナン色強め…)

青山剛昌先生の生い立ち、各国で創刊されているコミックス、ネームや原画、阿笠博士の発明品などなど…

とっても楽しかったです。


写真は一部撮影OKだったけど、

とりあえず入り口だけ!

当然ながらやっぱり原画などは撮影NGね。

原画…ずっと見てたかった…😲😲😲



お土産は安室さんと赤井さんが描かれたジグソーパズルを買いました。今度組み立てます😳✨



その後は山陰本線で最終目的地の鳥取まで移動。

鳥取駅についた時点で、飛行機の搭乗時間まで残り2時間。

白兎神社を取るか、鳥取砂丘を取るか。

どちらも行きたかったけど、やっぱり飛行機に遅れるわけにはいかないので空港に近い白兎神社を選択。

うーん、砂丘も行きたかったなー!😵

それと鳥取県内に3つしかない貴重なスタバも行きたかったけどそんな余裕は無し笑


というわけで白兎神社を選んだので

昨日の出雲大社、八重垣神社に続き、最後まで因幡の白うさぎを追いかけました笑

結局因幡の白うさぎって山陰のどこのお話なんだろ??笑



相変わらず飛行機搭乗1時間前まで観光してるツメツメっぷりですが、

17:30には事前に白兎神社前と予約しておいたタクシーに乗って鳥取コナン空港へ✈

このあたりの首尾の良さは旅慣れしてる感やったね☆って感じです😁😁


上空が雲一面だったこともあり、

帰りの飛行機はまあまあ揺れる結果に😫😫

ただでさえ飛行機苦手なのに〜〜(*_*)


3連休取れない悲しい職場でございますが、

2連休で島根鳥取は楽しめることがわかりました😆

米子の滞在時間の短さ、鳥取砂丘に行けなかったことを思うとやっぱりもう1泊はしたかったかな!

そしてもう1泊あれば、玉造温泉or皆生温泉or羽合温泉のような

温泉街に泊まってみたかった!


それはまた次回の楽しみということで、

今月も旅行行けてよかったです!

ありがとうございましたっ🤩✨




☆費用

・交通費合計…54840

・宿…4400円

・食費…3650円

・入館料・参拝料・御朱印など…1700

・おみやげ…3500円くらい

【合計68,090円】

8割交通費かーい😅😅



★今回覚えたJR特急★

スーパーおき…新山口〜米子/鳥取(山陰本線・山口線)

スーパーまつかぜ…益田〜米子/鳥取(山陰本線)

やくも…出雲市〜岡山(山陰本線・伯備線・山陽本線)